忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
作品の位置。

こんばんは、鵜島 朴同です。

木曜日、少し用事がありまして、近所にあります福岡市立美術館に行きました。

僕がジョギングしている大濠公園に隣接しています。


事務室での用事も終わったので、せっかく来たのだから、と展示室ものぞいて行くことにして、
市民ギャラリーの一室に入ったところ、すぐに目に飛び込んできたものに、僕は久しぶりに衝撃を受けました。

そこにあったのは一風独特のテーブルで、僕はそのテーブルを知っていました。

もちろん、作者の家具職人さんも知っています。


受けた衝撃の理由は、そこに置いてあるものが目に飛び込んできた瞬間に、それがいったい誰の作なのかが、すぐに分かったからです。

そのテーブルがどこに置いてあっても、僕はそれが誰の作なのか、知るでしょう。そこでは作者の名前も書いていましたが、名前がなくても判るでしょう。

それは本当にすごいことだと思う。

伝統や修練ばかり僕は普段言いますが、やはりそれも大事なのはよくわかっている中で、少し忘れかけていたのかな、と引き締め直した次第です。


その行く先を気の遠くなるほど果てしなくいけば、それが誰の作品か分からなくても、あいされる作品を生みだして行かなければですね。


 鵜島 拝


PR
【2011/06/25 23:16 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<心の花という名のお店。 | ホーム | 【6.19】搬入。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>