忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
心から出たものは。


3月の墨檄展にご来場された方から、ありがたくもご注文いただき、一ヶ月半ほどかけて竜の絵を描きあげました!
福岡県みやま市の大蛇山祭に関するご依頼でした。

構図、表情、ウロコの描き方、書の形、文字の配置、色彩などを決めて、全紙に一発勝負。

それでも、日々の仕事は山積みで、毎日仕事を終えた深夜から夜明けまで、こつこつと描き続けました。とくに今回の竜はウロコの線描にこだわって、ひとつひとつ、本当に丁寧に…

ご依頼いただいた方の雰囲気から「この人には全力のものを届けたい」と思っていました。描いていた一ヶ月半、一瞬も気を抜かずに集中して描きあげることができました。



装丁に時間がかかったものの、なんとか祭り直前の7月上旬に納品。

『(前略)感動しました。家宝にします!』とつづられたメールも届き、やっと肩の力を抜いたところです。

>>>

愛読書のひとつの中に、
「心のこもった線と、心のない線は明らかにちがう」とあります。
一筆一筆、丁寧に真剣に心をこめて描くことが出来て本当によかった。それが伝わって、なおさら本当によかった。
いつも思うのです。
心から出たものは、心だと。

後日譚ですが、今、福岡教室に通って下さっている方がみやま市の出身で、そのお祭りに行かれたとか。
こうして、人は縁をつなげていくのですね。
感謝。


鵜島 朴同

 

納品前にパシャリ☆
PR
【2016/07/28 04:11 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0)
<<八月の福岡教室、お休みのお知らせです。 | ホーム | 八月の福岡教室>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>