忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
さくらさくら


本日の教室にて。
そして教室のあと少し歩いて、残り桜を眺めて。
まだ肌寒く、なるほど公園の桜は残っていました。

今日、教室の子が「桜の枝を取っていく人に『それダメなんじゃないんですか』と言ったら『あんたには関係ないでしょ』と言われた」

と、憤慨していた。

『桜の花を折って持っていかないでください。まだ見ていない人のために』沢山書いて公園に貼りたいというので、
僕も少し協力しました。その子たちは本当に純粋で、優しい。
僕も、あたたかな気持ちになりました。。。


…でもね…



誤解をおそれずに言うと、僕は色々考えていて、もしかしたら…
ということも考えてしまうのです。

もしかしたら、その人の大事な誰かは、今年桜の花を見れなかったかも知れない。せめて一枝だけでもと思う人だったかもしれない。

来週、その子たちにそんな話をしてみたい。


僕の父はウグイスや目白が好きで、晩年部屋で鳴き声が聞こえるたびに、「おっ」と喜んでいた。
見かけたウグイスを写真に撮って、見せたこともある。

「どんな声で鳴いたか」と聞かれて「聞いてない…」と笑ったこともある。



ちょっと色々思い出しましたよ。

いろんなことを考えて。

PR
【2016/04/13 03:46 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0)
<<無題 | ホーム | 4月5月の福岡教室>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>