忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
莫山先生に傾倒す。




…いかん、もう2時。。どうも、鵜島です。。zzZ…


榊莫山先生の「筆の話」を再読。
今日で全部は読めんだろうと思っていたのだけど、
それこそ「筆の話」が続く中、いきなり莫山先生、とある正月に、自前の髪を切り落とし、筆屋さん(一心堂)に送るエピソード。

「せんせ、速達つきましたァ。このゴマ塩の毛、一体なんだんネ」
「わしの頭の毛ェや」
「せんせ。びっくりさせなはんな。正月やゆうのに」
「筆になりますやろ…」

(中略)

「(そんなんしたら頭が寒いのは…(笑)) 
 あたりまえでっせ!
 正月やゆうのに、せんせは無茶苦茶や」

「筆には、冬の毛が一番というやないか」

ここで吹いた(笑)
昔(20年前)は、なにも考えずに読んでいた。もちろん、わらったところではない。。
けど、今、笑える。

僕は、変わったのでしょうね。

いいんだ。生きているのだから。

…その勢いで、読了。すばらしかった。
妥協をしない人の話は、素晴らしい。
最後に、莫山先生の名言を記しておきます♪

「まっすぐ、
前ばかり見とっても、何も見えてこんで。
人生、大事なことは、
横っちょの方に、転がってるもんや」

「芸術のありようが、権威や権力に対して、卑屈になっている」

今も昔も未来も。

PR
【2014/09/12 02:49 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0)
<<15年前。 | ホーム | 9/6福岡です。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>