忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
岡山顛末記。

先日広島での席書大会に参加した折に、せっかくここまで来たのだから!と、岡山まで足を伸ばしました。

目的は岡山県立美術館でやっている「長谷川等伯と雪舟流」という展覧会を見る為でした(^_^)v

長谷川等伯は雪舟五代と自称した稀代の絵師で、日本戦国時代を駆け抜けた人ですね。
屏風絵、障壁画が目白押しですが、
彼の功績は神格化され、模倣概念の廃れていく雪舟派を再び揺り戻して、模倣からの秀逸を確立させたところにあると僕は思っていますo(^-^)o

等伯がいなかったら、狩野派すら衰退していたのではないでしょうか?
やはり、何時の時代も、強烈なライバルがいてこそ、技術、精神も発展するのでしょうね。

昔の人がすごいのは、ライバルとの切磋琢磨に、十年二十年は、かけれるということですね(^_^)

とにもかくにも、国宝、重文級の水墨画が目白押しで、僕の体温も上がってしまうわけですよ(笑)


あの、人間の興奮する場面って(笑)、その…様々ですよね。。


とにかく僕は興奮してしまって、等伯!雪舟!夏珪!!玉潤!牧谿!雪村!と(笑)鼻息も荒く、


こう。。


展示のガラスにすれすれまで鼻をつけて、その筆遣いやら濃淡やら、構図の計画性やらをまじまじとのぞきこむわけですから、僕の顔の動くにつれ、、


こう、展示ガラスに僕の鼻息が(笑)白く煙るわけですよ(笑)


ホントにもう…端から見たら…「なんでコイツこんなに興奮しとるんや!?」てな感じでしたでしょうね。。


色んな眼で見られながら、物販コーナーにて書籍を購入。


ほくほくとしておりましたね(照)


よい旅でした。
こんな旅が出来るのも本当に皆さまのおかげです。

朴同

PR
【2012/02/26 00:55 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0)
<<古代文字を描こう!~こどもっと大学~ | ホーム | 広島顛末記。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>