忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
今晩から広島入り。


今週末の予定の為、バタバタしておりますが^ ^

>>>
広島の杉乃会、毎年の恒例行事です。

杉乃会の生徒会員200~300名の児童による席書かきぞめ大会です。
席書、とは、その場で書いた習字を競書するもので、
この日も会場で書かれたものを展示して、表彰式まで行ないます。

今年から成人会員さんの展示も加わり、10点前後が展示されます。

習字教本を執筆している鵜島 瑞光、水墨画教本を執筆している鵜島 朴同の展示も予定。

また、当日朝9時の受け付け開始から、大会が始まるまでの1時間弱、
鵜島 朴同の書画揮毫があります。

2012年2月12日(日)
広島県三原市中央公民館 一階 大講堂
三原市円一町3-1

後援:三原市教育委員会/尾道市教育委員会

>>>

僕にとって、集中して見られる書画実演の機会の中では、もっとも緊張感を伴うのが、このかきぞめ大会です。
杉乃会で勉強されている皆様やその親御さん達ですので、毎回執筆の一挙手一投足に興味津津。
デパートやモールや芸術祭での実演では、時間は長いですが、結構自由に休憩とったりするし、見てる人がいなかったりもします。
ライブハウスやクラブなどでは、パフォーマンス的にしますので小枚数で短い時間で書いてしまいます。

このかきぞめ大会では、1時間、で通例ですと、全紙~条副の大作を、15~20枚ほど一気に書いていきます。大技荒技(笑)も使います。

昨年分の、自分自身の成果が見られるので緊張感があります。

肌がひりひりする感覚。

実は、相当に楽しみにしています^ ^


朴同 拝
PR
【2012/02/10 19:00 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<広島顛末記。 | ホーム | チャリティーポストカード展。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>