忍者ブログ
【6月のこと】


福岡教室には時々、ALTの仕事で、日本に来ている様々な外国の方たちが参加してくれています。
日本に住んでいる間に彼らは日本語を覚えていくので、参加してくださるたびにコミュニケーションは取りやすくなっていると思います。

教室で教えないといけないポイントは僕も英語の辞書で調べて行くのですが、ヒヤリングがやっぱり苦手ですね(>_<)
語学で助けてくださる生徒さんもいらっしゃるので、ギリギリなんとかなっているように思います。。
英語、頑張らねば。



写真のジョール君は、4年前に出会った。僕が国立博物館で水墨画のパフォーマンスをした時にみてくれていた。
伊藤さんの連絡で、福岡を離れる前に一度、彼の住む町で水墨画のワークショップをしてから、いつかは出会うべく人物の一人だった と思いました。

それ以来、月イチの福岡教室に来てくれるようになりました。
ALTの仕事を終えて、ジョール君がコロラドに帰る時も、彼の部屋に行って最後の作品に取り組みました。
いい思い出です(^O^)/

彼は今、カリフォルニア大学のバークリー校で日本美術史を勉強しています。
奨学金がおりて日本に来ることになったからと、忙しい旅程の合間をぬって、6月の福岡教室にまた来てくれました。本当にうれしかったなあ。



ジョール君の選んだ言葉で一枚と、季節の題材から紫陽花を仕上げました。
ブランクを意識せず、真っ正直に紙面に向き合う彼の笑顔がいい。
6月の末からジョール君はバーモント州のミドルベリー大学で中国語の勉強に取り組むということでしたが、これを書いている今頃は、ちょうどその研修も終わっている頃でしょう。
若く、こんなにも日本を好きでいてくれるジョール君。
運命的にいつか、彼と肩を並べて仕事がしたいと思っています(^-^)



彼の他にも、教室のみなさん。広島、福岡にかかわらず紹介したいような魅力的な人が沢山います。
けれども、恥ずかしがる人も多いので教室の話はイニシャルで。

今回は、遠く太平洋を再び越えて、教室に戻ってきてくれたジョール君のことがすごく嬉しくて、紹介させていただきました。
本当に有難う。感謝!
PR
【2017/08/13 02:39 】 | 水墨画 | 有り難いご意見(0)
<<【墨檄展ーまだまにあうー】2018.4/24(火)~ | ホーム | 戻ってきました!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>